2016年中国チベット観光文化国際博覧会参加のご報告

2016年9月10日に中国国家観光局、中国文化部とチベット自治区人民政府がチベットラサー
にて共同主催いたしました「チベット観光文化国際博覧会」に参加いたしました。
以下は、そのご報告でございます。

今回は、中國政府から招待を受けました、西日本各華僑協会の会長、常務理事等方々(十名)及び関西中華総商会の代表として、
弊職が参加させて頂きました。
現地での盛大な招待会場には、中國政府高官を始め、日本国駐中華人民共和国特命全権大
使横井 裕様、スリランカ駐中華大使Karunasena Kodituwakku様、インド大使、ネパール
大使等、各国を代表する方々がご出席されており楽しく歓談させて頂きました。

(追伸)
チベットは中国の西南地方に位置し、平均標高は4000メートル以上で、世界の屋根と言わ
れています。世界最高峰チョモランマ(標高8848m)、世界で最も深い峡谷(深さ5382m)
などチベットでしか見られない雄大な景色に圧倒されます。ナムツェ(納木錯)、羊卓雍湖
(ヤムドゥク湖)などのような自然観光スポットもあり、澄んだ湖の色はまた別格です。
ラサ観光区には、ポタラ宮、ジョカン寺、ノルブリンカなどの世界遺産も数多くあり、実
際に訪れてみますと、チベット仏教と文化の歴史の奥深さを肌で感じる有意義な視察とな
りました。